本当の豊かさって何だろう

エコと生きる

【お得】パリの鉄道・バス乗り放題一日券がたったの3.8ユーロ!猛暑のフランスで大気汚染対策のため!

投稿日:

猛暑のフランスで大気汚染対策のためパリの鉄道・バス乗り放題一日券がたったの3.8ユーロ!

2019年6月現在、ヨーロッパは熱波に襲われています。フランス南部の都市で観測史上最高の45.9度を記録したほか、パリやベルリンといった大都市も38度近い猛暑が続いています。スペイン、イタリアでは死者も出ています。これも地球温暖化、気候変動の影響によるものであると考えられています。

こうした事態を受け、フランスの首都、パリではこうした(熱、大気)汚染対策のため、人々をマイカーやタクシーではなく公共交通機関へと促すための格安一日乗車券が発売されています

チケット名は?値段は?どれくらいお得なの?

チケット名は、”Forfait Anti-pollution”で、一日たったの3.8ユーロでパリのある圏(Ile de France)全土のバスやメトロ、電車といった公共交通機関のほとんどが乗り放題になります。(観光バスや、空港までのリムジンバスなどは含まれません。)

普段であれば、(Ile de France)全土の一日券が17.8ユーロなので非常にお得なチケットとなっています。

なぜ公共交通機関を使うことが汚染対策になるの?

マイカーを使うのと公共交通機関を使うのとでは、一人あたりのエネルギー使用量が全く異なります。一度にたくさんの人を運ぶことのできる電車やバスといった公共交通は、車一台につき一人しか乗っていないことすらあるマイカーよりも、効率が良いのです。

結果として、大気汚染物質や、温暖化の原因となる二酸化炭素といった温室効果ガスの排出量も少なくなります。

お得な一日券の買い方は?

では、どのようにしてお得な一日券を購入したら良いのでしょうか。

大抵の場合、駅にある自動券売機で買うことができます。一方、券売機は壊れていることもあるので、そうした場合には駅員に聞いてみましょう。フランスの駅員は英語が話せなかったり、対応が適当なこともありますが、大きい駅であれば観光客向けのスタッフがいるはずです。

言語を選ぶ

英語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語が選択できます。今回は、英語を選択します。

Navigoかチケットか

Navigoかチケットかを選択します。Navigoは日本でいうSuicaみたいなものです。今回は、右側のチケット購入を選択します。

チケットの種類

チケットの種類を選びます。たくさんの種類がありますが、今回は一番上の“Air Pollution Action Day”を選びます。

チケットの枚数

チケットの枚数を選びます。複数人で訪れている場合のは、まとめて買ってしましましょう。

選んだチケットの確認

選んだチケットやその値段などの詳細を確認します。ここで正しければ、”Validate”を選択します。

購入方法の選択

クレジットカードか現金かの選択をします。フランスはキャッシュレスが進んでいてだいたいの場所でクレジットカードが使用できるので、Visaかマスターのカードを持っていれば、現金を使う機会はあまりないでしょう。クレジットカードしか受け付けていないところもあります。

現金は、コインか5、10、20ユーロ札しか使えません。大きいお金は使えないので注意してください。

クレジットカードを選択した場合

クレジットカードを選択した場合、カードを挿入して、PINコード(暗証番号)を入力してください。この際、他の人に暗証番号が見られないよう手で隠すなの工夫してください。

レシート

この画面ではレシートの有無を選択します。レシートが欲しい場合はYESを選択。僕は必要ないのでたいていNOです。チケットにも値段はプリントされています。

これで完了です。下からチケットが出てきますので、忘れないようにしてください。

チケットは、改札に通すだけです。チケットに対応していない改札も多いので、チケットを入れる穴のある改札を選んでください。チケットを入れると、改札が開きますが、壊れているものも多いので、自分で押し開けるしかないものもあります。また、チケットの取り忘れには注意してください。

こちらも:
体験談】僕は10回行きました!企業や国を活用して無料で海外に行く方法【探し方編】

スリに注意

フランスはスリだらけです。僕もスられそうになったことがありますし、被害にあった友人もたくさんいます。特に日本人はスキだらけなので、日本の感覚で乗らないように注意してください。日本人の被害が多いのか、日本語でスリ対策のアナウンスもあります。

パリのメトロは、時間帯によっては、東京の電車ぐらいの混雑具合になります。混雑した電車では要注意です。貴重品はリュックに入れたりせず、前に抱えたバッグなどに入れましょう。

パリのメトロの運行時間は?

現在、パリのメトロの運行時間は平日:朝5:30から深夜1:15まで、金曜、土曜、及び祝前日は朝5:30から深夜2:15まで運行しています。

大気汚染対策に貢献すると共に、パリ観光を楽しみましょう!

公共交通機関を利用するだけで、大気汚染対策に貢献できます。現在、猛暑に対する何かしらの対策が講じられない限り、このチケットの発売は続けられると発表されています。いつまでこのお得なチケットの発売が続けられるかわかりませんが、近々パリを訪れる予定のある方は要チェックです。

シャルルドゴール空港も一日券の対象範囲内であるため、空港で買っておけば、空港から中心部まで、そしてホテルに荷物を置いて、観光に出かけるといった動き方もお得にできます。

パリ周辺の観光地

エッフェル塔や凱旋門はもちろん、ルーブル美術館やオルセー美術館、オペラ座、パンテオンなど、たくさんの観光地があります。こうした中心部を効率よく回るためにも、この一日券はお得に活用できますし、ベルサイユ宮殿のように、中心部から少し離れたところであっても、一日券の適用範囲内です。

パリ中心部のホテルやホステルは非常に高額ですが、中心部から離れると安くなります。しかし、中心部から外れたところに行くには交通費が掛かってしまうため、普段なら躊躇してしまうかもしれません。しかし、この一日券があれば交通費を気にすることなく郊外のホステルやホテルに宿泊できます。

ノートルダム大聖堂は、火事の影響で入場できませんが、外から眺めることはできます。

また、主要な観光地は、ミュージアムパスというお得なチケットを活用することで、格安でしかも列に並ぶことなく名所を巡ることができます。

ミュージアムパス 料金

  • 2日間 (48時間) 48ユーロ
  • 4日間 (96時間) 62ユーロ
  • 6日間 (144時間) 74ユーロ

格安一日券とミュージアムパスを組み合わせることで、お得にパリを満喫することができます。花の都とも称されるパリ。ぜひ楽しんでください!

こちらも:世界の環境首都!ドイツのフライブルク【環境政策とおすすめ観光スポット】

にほんブログ村 環境ブログへ

-
-, ,

Copyright© エコと生きる , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.